恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

お祭りの露天商クジはハズレばかり

夏祭りがあちこちで行われている。
お祭りの露天商をいろいろな角度から眺めながら歩いていると結構面白い。

ーー朝日新聞デジタル版からの引用ーー
夏祭り、夜店のくじに当たりなし 露天商の男を逮捕 7月29日(月)

 (引用)
当たりの入っていないくじ引きで金をだまし取ったとして、大阪府警は28日、大阪市西成区天下茶屋2丁目、露店アルバイト毛利川強(もりかわつとむ)容疑者(45)を詐欺容疑で逮捕したと発表した。容疑を認めているという。
 阿倍野署によると、逮捕容疑は27日午後6時50分ごろから1時間半にわたり、大阪市阿倍野区の阿倍王子神社で開かれた夏祭りで、当たりが入っていないくじ引きの露店を営業し、男女3人から計約1万4千円をだまし取った疑い。
 くじ引きは1回300円、2回500円。1枚のくじに1~100番の数字が振ってあり、55番以上なら「プレイステーション3」や「Wii U」などの人気ゲーム機が当たるとの触れ込みだったが、実際には54番以下のくじしか入っていなかったという。
 27日に1万円以上をつぎ込んだ男性が不審に思い、府警に相談。同署が28日に露店を家宅捜索し、当たりがないことを確認したという。毛利川容疑者は「27日に約10万円を売り上げた」と話しているという。
(引用終わり)


この新聞記事、面白かった。読んでいて、気づいたことが4つ。
一つ目。 お祭りの露天商のクジ引きで、一等賞が当たると本気で思っている人がいたんだということ。ああいうところの一等賞の商品をよくよく見るとホコリがついていたり箱が結構くたびれていたりするから、わかるよね。
露天商の方からすれば、お一人様、5回とか10回までとかクジ引きの回数制限をつけておかなかったのが敗因かな。そうすれば、こんなクジ引きに1万円以上も突っ込む馬鹿なお客を相手にしなくてすむ。

小学生の頃、駄菓子屋で、特賞と三等がまだ残っていたクジ引きがあった。ハズレは甘納豆の袋だったかな。残りのクジ本数はあと5本。じゃぁーという感じで、5本分のクジ全部を”大人買い”ならぬ”子供買い”した。多分”当たり”は入ってないのだろうと思っていたので、駄菓子屋のおばさんには、全部買うのだからクジはここで開けないで、特賞と一等の景品を持って行っていいよねとおばさんに言った。

残りのクジと景品全部を持ち帰りました。持ち帰って、クジを開けたら二等の当たりくじが一本。あとは全部ハズレ。特賞と三等の景品が残っているのに、なんで2等の当たりクジが残っているのか不思議に思いながらも、やはり特賞は当たらないんだと思った思い出。

2つ目。警察も1万円程度の詐欺でよく摘発したと思います。しかも、露天商のクジ引きは当たりがないというのは、社会的なコンセンサスが形作られているよう気がする。通常は、1000円スラれたと警察に被害届出したとしても、”そーすか”と言いながら迷惑気に受理するぐらいで、動かないでしょう。1万円の被害で動いたというのも、よく動いたという気がします。露天商に、三等ぐらいの当たりは入れとけよという合図でしょうか。

3つ目。1日の売上高が10万円以上あったということ。やっぱり露天商って儲かるんだね。
通常、ラーメン店で1日150食出れば、繁盛店といわれる。そこで仮に700円のラーメンが150売れると、売上は1日10万5000円。1杯700円のラーメンとなれば高級なラーメン店に入る。露天商の売上はこれに匹敵する。
露天商のコストと言えば、クジでハズレた子供に、子供だましのキャンディーとか消しゴムをつかませるぐらいだけだから、20円から30円、高くてもせいぜい50円ぐらいまででしょう。最大のコストは暴力団に払うショバ代かな?これが3万円ぐらいか?

週末、実家の街のお祭りを見ていたら、トルコのケバブを売っている露店が3-4件あった。あたかもトルコ系の外人が上手な日本語を話しながら売っていた。トルコ人ではないにしても、中東系の顔立ち。日本人にとっては、顔を見ただけでは中東のどの国かはわからない。だいたい、イラン人をアラブ人だと思っている日本人がほとんど。私も、イランはアラブ系だからと言ったら、イラン人に嫌な顔をされたことがある。ケバブの中東系露天商は若者ばかり。他の露天商も、結構若い人が店番している。やっぱり不況で若者はまともな職業につきづらいのかと思いながら見ていた。今回、捕まった人の肩書きは「露天アルバイト」。露天商にもアルバイトがいると分かった。こちらが主流なのかもしれない。これが4つ目。

念のため書いておきますけど、イランはアラブの国ではありません。ペルシャと言わないと怒られます。イラン人はアラブ人ではなくて、ペルシャ人。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。