恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

プエル・トリコじゃないんだけど

 ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)準決勝が17日(日本時間18日)、サンフランシスコのAT&Tパークで行われ、日本代表はプエルトリコ代表に1対3で敗れ、3連覇の夢を断たれた。

 以下は、山本浩二監督の質疑応答。
――8回の走塁失敗について、あれはどのような戦術だったのか?
「8回の走塁はダブルスチールを行ってもいいというサインでした。スタートで井端(弘和)が少し遅れましたが、どちらにしても選手は本当によくやってくれました。」

*******************************

 「ダブルスチールを行ってもいい」というような曖昧なサインがあったんだ。ダブルスチールを「良きに計らえ」と言われても、言われた方は困っちゃうよね。で、2塁にいた選手は走らなくて、1塁の選手が走ってみたら、「ありゃりゃ、走ってるの俺だけじゃん」で、行き場を失ってアウトか。こりゃ、はっきりとした指示をださなかった監督が悪いな。草野球やってるみたいだ。

 で、本題ですが、TVのアナウンサーは相手の国名をプエル・トリコと切って発音している。NHKのアナウンサーまでも。プエル・トリコじゃなくて、正式な国名はプエルト・リコ(Puerto Rico)です。スペイン語で「豊かな港」だそうです。察するに、Puertoが英語で言うPort、RicoがRichっていう感じだな。まぁー、クリスマスが近づくと、「サンタク・ロース」と言うのと同じようなものかな?街角で小さい子どもに、サンタさんだ、サンタさんだ、といっている親がフルで発音するとサンタ・クロースではなくてサンタク・ロースと言ってしまう。一般の人はそれでも良いけど、TVのアナウンサーぐらいは正しく発音して欲しい。そうでなかったら、草野球と同じレベル。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。