恋愛成就のメールテクニック
RSS

イタリア旅行記 その9/11 ― ―ローマ市内観光 フォーロ・ロマーノ― ―

女性ガイドによる1対1のローマ市内ツアー。1日中二人でぶらぶらしながら話していると、旅行のガイドブックには乗ってないような、いろいろな面白い裏話も聞けた。
思い出すことができたことだけ書いてみると・・・・・

・イタリアの現状
イタリアは地理的に恵まれて、農業国でもある。酪農もできる。しかし、EUの枠内では生産量が制限されている。農家はこの生産制限に怒っている。この前イタリアの農家が取れ過ぎたワインと牛乳をスイスとの国境沿いにぶちまけると言う騒動があった。イタリアの国民の6割から7割は本心はEUからの離脱を望んでいる。
イタリア ローマ ケイさん DSC_2356

・公認ガイドの資格
イタリアで公認ツアーガイドになるのは難しい。ガイドになるための試験が毎年あるわけではない。数年に1度。毎回3000人ぐらいが受験する。合格者は200名弱。ガイドをしている人が資格を持っているか当局はちょくちょくチェックしている。ガイド認定者は認定カードを首からぶら下げている。これにはICが入っている。チェックしている人は観光場所でガイドしている人にそうっと近づく。機器にICから登録情報が送られてくればOK。何もなければ摘発される。
(写真→ケイさんがアイスコーヒーをごちそうしてくれた。さすがイタリア。おしゃれなアイスコーヒーだ。)
その日本人女性ガイド、ケイさんは父が日本人で母がカナダ人だった。高校2年の時に父親の仕事の関係でローマの高校に転入した。大学もローマの大学を出ていた。ガイド試験では420ある教会の中から3つの教会が選ばれ3枚のカードに書きとめられる。その3つのカードのうち引いたカードに書かれた教会について審査官の前で説明しなければいけない。その女性ガイドは、バチカンの教会にヤマを絞った。そのカードを引き当てた。山が当たったので、詳細にバチカンのことを説明したら審査官が聞き入っていた。最初は眠そうだった審査官も目を覚ましたように聞き入っていた。これで合格を確信したそうだ。

・フォーロ・ロマーノに飛ぶかもめ
カピトリーノ美術館脇の高台からフォーロ・ロマーノの遺跡全体を眺めていると目の前にカモメが飛んできた。人慣れしている。海が近いのかとガイドさんに聞いた。50kmぐらい離れているという。それほど離れていても最近どういうわけかかもめがローマにいついてしまったようだ。(帰国後確認してみたら、直線距離でローマ市内まで25kmぐらい。さいたま市は直線距離で海からは30kmぐらいだけどかもめは飛んでないな。)
その結果、何が起こったか?ガイドさんは、鳩が少なくなったと言う。カモメは雑食性である。他の鳥を丸呑みしてしまうことがある。野ネズミを襲っているところを見たそうだ。そう言えば、ヒッチコックの映画「鳥」では、カモメが群れをなして人間を襲おうとする場面が出てくる。

・フォーロ・ロマーノの巫女
フォーロ・ローマには神殿の聖火を守り監視する巫女が6人いた。その巫女には良家の子女が選抜された。処女であることが条件である。30年の任期中は、ずっと独身を通さなければいけない。一族にとっては名誉なことではある。しかし、処女でないことがばれたり、聖火のひがきえたりすると首まで埋められる罰にあった。やがて、巫女の候補になるとほどなく結婚してしまう女性が多くなって、候補者の年齢はどんどん下がっていった。(あれ?このへん、天皇家の状況と似てるね。)最後の方は10歳前後の巫女も現れた。
↓ 巫女の住居跡とその復元図
イタリア フォロローマ 巫女3 DSC_2356

・ブルータスよ、お前もか
フォーロ・ロマーノはシーザーが暗殺された場所である。シーザーを暗殺したブルータスは甥にあたる。ブルータスはこの上なくこの甥を可愛がっていた。ブルータスのお父さんはシーザーにとっては政敵であった。シーザーは、このお父さんを殺害した。元老院の中でシーザーの政敵は、直接シーザーを殺そうとはしなかった。父親を殺されたブルータスに復讐と言う形でシーザーの暗殺をけしかけた。シーザーにしてみれば、可愛がっていた甥に襲われたので、「ブルータスよ、お前もか」という言葉となる。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す