恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

イタリア旅行記 その5/11 3日目 ーーベニス訪問ーー

イタリア サンマルコ広場 25947042837

イタリア旅行3日目は水の都ベニスを訪問。ベニスの街の中心へ観光バスが乗り付けるのは難しいようだ。観光バスは街外れにある海沿いの観光バス駐車場まで。そこからは水上バスに乗り20分かけて街の中心となるサンマルコ広場へ。イタリア 水上ボート DSC_2115

観光の中心地サンマルコ広場付近はどこに行こうとしても人、人、人。観光客だらけ。広場にある教会の塔に登るにも教会に入るのも長い行列。広場の奥には時計塔がある。500年以上前に作られている。その上にブロンズの鐘と二体のムーア人像がある。この像が動くんだよね。毎時この二つの像が鐘を叩いて時刻を告げる。その下には、羽の生えたライオンの像。この羽の生えたライオンはヴェネツィア共和国とその守護神聖マルコのシンボル。その下にマリア様。うーん、なんと言っていいのか・・・・この辺が北イタリアの自治魂と言うのでしょうか。普通マリア様が上になるよね。

この時計の下のアーケードからショッピング街が続く。20分ぐらい離れたカナル・グランデにかかる大理石の橋リアルト橋まで観光客で賑わっていた。
イタリア リアルと橋から 無題(写真←リアルト橋からの眺め)

ベニス観光といえば、ゴンドラだ。このツアーにもゴンドラ乗船体験がついていた。ゴンドラは今や全くの観光目的。ツアーにはゴンドラ遊覧体験がついていた。一隻あたり30分乗船で80ユーロ。6人乗り。6人で割り勘となれば14ユーロ弱。1600円ぐらいで乗れる。ツアーの人たちと一緒に乗船。お子様連れで奥さんがベトナム人の夫婦3人と一人旅3人の6人で一緒にゴンドラに乗ることになった。

住宅地に細い路地のように掘削した運河をゴンドラに乗って、まったりまったりと通り過ぎていく。昔はゴンドラが交通手段として重要な役割を果たしていたことを肌で感じることができる。天気は快晴。気分は最高。ゴンドラで船乗りがカントォーネを歌ってくれるとくれると一層盛り上がるのだけど。そこまでは料金に入ってなかった。気分が向いてきたのだろうか、一緒に乗った子連れ夫婦のお子様が代わりに歌を歌い始めた。
イタリア ゴンドラ乗船 DSC_2121 イタリア ゴンドラ DSC_2129

ゴンドラ乗船後は自由時間。昼食も自分たちで勝手に食べろと言う。一人でHIS駐在スタッフのイチ押しというイカ墨パスタで有名なレストラン「Trattoria Alla Rivetta」へ行ってみた。ベネチアではイカ墨スパゲッティが一番美味しいお店だとあった。広場に隣接する博物館横の路地奥にある。ゴンドラの船乗りがよく利用するお店。窓にかけられたメニューを見ていたら、中から中年のおじさんが出てきて、中へ入れ入れとの仕草。日本語のメニューも用意されていた。

イカ墨スパゲティを注文した。期待が高かったのだが、実際の味はというと・・まあまあというレベル。店の雰囲気が古いなりにウィエター役のおじさんとともに感じが良かった。イタリアは食事が美味しいと聞いて期待していた。しかし、日本人向けに味付けされているのだろうか、都内のレストランのイタリア料理店の方が美味しいんじゃないかとも思う。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。