恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

IT大国 エストニア

2週間ほど前、かつて在日米軍を担当していた職場の仲間たちと旧交を深める機会を持ちました。

その中の一人が、今度旅行でエストニアに行くのだと言う。ン、エストニア?なんでまたそんなところにわざわざ行くのかと思った。IT先進国なので実情を見に行きたいという。

まず、エストニアと聞いて、すぐに地球上のどこにあるかピンと来る人はかなり地理に詳しい人。へ、へ、へ。実は私は、仕事の関係で国の名前とその位置ぐらいの知識であればかなり明るい。エストニアもバルト海三国の一番上(北側)の国というのもすぐに思い浮かんだ。残念なことに、エストニアについての知識はそれまで。そこがIT大国であるということは全然知らなかった。

バルト三国_map
Skype発祥の国だという。そこからして予想外だった。インターネット網を利用した電話サービス(IP電話)は、1995年にイスラエルの会社が始めたのでSkypeもイスラエルが発祥の地じゃないかと思っていた。

エストニアがITに力を注いだ背景として、旧ソ連時代にバルト三国では、エストニアがIT関連、ラトビアが自動車や造船産業、リトアニアが電子産業といった具合に各連邦が特定の産業を担っていたことがある。旧ソ連からの独立後は、その資本を利用してITを国の柱のひとつとして掲げた。そして、現在は世界を代表するIT大国になっている。やはりSkypeはエストニアで発明されていた。日本ではもたついているマイナンバー制度を世界で真っ先に導入した。このマイナンバー制度は世界各国のお手本となっている。また、選挙における投票や教育、医療の診断や記録管理、会社登記、納税などのすべての行政手続きをインターネットを通して実行できる電子政府化している。少なくともこの点では日本より進んでいる。

さて、そうは言うものの多くの人はバルト三国は日本にとっては縁遠い。国名と地理上の位置を間違いなく言える人は少ないのではないだろうか。国名はなんとなく言えたとしても、その位置につい区別がつかない、覚えられない。エヘン、私はきちっと言える。というのも、覚え方を知っているから。バルト三国のさらに上(北)、海を渡るとフィンランドがある。そこから下(南)にイタリアの高級車の名前「フェラーリ」と覚える。つまり、北から順に、ィンランド、ストニア、トビア、ストニア。これで4か国の位置がすっきりと頭に入る。三国とも治安が良く、英語も街中でかなり通じるようだ。物価も安く、食事はおいしい、そして程よく異国情緒が感じられるという。と、なったらいつか行かなくてはと思うバルト三国タリン80_photo01
↑ エストニアの首都、タリンの旧市街地
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。