恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ブルートゥース

ノートパソコンの音がこもったような音でどうも聞きづらい。内臓スピーカーが小さいためなのだろう。少し離れたところにミニコンポがある。そこまでオーディオ回線を延ばして聞くのは配線が面倒。という訳で、無線で電波を飛ばすことを考えた。ノートパソコンの音をミニコンポのスピーカーで聞く方法は???
ありました。

ブルートゥース。これをを使えば、部屋の中で無線を飛ばすことがでる。しかし、私のノートパソコンはブルートゥースの装置がついてない。インターネットを使い、いろいろ探して、ブルートゥース マイクロ装置(BT-MicroEDR2X)をみつけ、買ってみた。Planex社製。小さい、小さい。中指のつめほどの大きさ。ノートパソコンのUSBに差し込む。ミニコンポにも、ブルートゥース装置が付いてない。ミニコンポ用にはLogicoolのワイヤレス スピーカー アダプターを見つけ、買ってみた。このアダプターをミニコンポの付属のRCAもしくは3.5㎜ジャックへ接続する。RCAというのは、赤と白のジャックが付いているコード。3.5㎜ジャックというのは、イヤホン用の差込口。
準備を整え、アダプターの表面にある「コネクトボタン」を押してみると、赤いランプが緑に変わった。Planexのマイクロ装置とつながった。先ずは成功。ノートパソコンの音がミニコンポのスピーカーから流れ始めた。きれいな音で聞こえる。思ったより簡単にできた。

最近の、スマートフォンやタブレット端末に初めからブルートゥース装置が内蔵されている物が多い。この場合、マイクロ装置は要らない。持っているスマートフォンでためしてみた。そのままLogicoolのワイヤレス スピーカー アダプターと無線で接続でき、スマートフォンの音がミニコンポから流れた。ワイヤレス スピーカー アダプターとマイクロ装置、これは買ってよかった商品だった。どういうわけか、Logicoolはアダプターについては、一般ルートでの販売には乗る気でないらしい。現在のところLogicoolのオンラインショップでしか買えない。4000円弱。あと2000円ぐらい足して、ブルートゥース装置内臓のポータブルオーディオプレイヤーを買うという手も有る。近くに耳が遠くなった方がいる場合は、このLogicoolのアダプターをTVのイヤホンに差し込んで、テレビの音を耳の遠い人の近く置いたポータブルオーディオプレイヤーの音響装置に飛ばすという使い方もある。

 家庭で無線によるインターネットを使っているとWiFiという言葉を耳にする。この通信技術を使えないのか、ブルートゥースとどうちがうのかという疑問が浮かんでくる。WiFiとブルートゥースの違い? 専門家に聞いたらWiFiの3つ書いてくれて、その波長の合間をブルートゥースは使うというような説明をしてくれた。ブルートゥースの波長の方が短いぐらいしか分からなかった。WiFiは、100mぐらいまで届く。利用目的を主にインターネットなどのネット利用向けを想定している。ブルートゥースは、電波の届く距離は10m程度ぐらい。オーディオやTV機器など機器と機器との通信を想定している。

自宅で、ブルートゥースを使うとどの辺まで電波が届くか試してみた。2部屋目でも電波を受信でき、10m以上届いていた。短い距離の通信には、DSRC(専用狭域通信)やNFC(近距離通信)、RF-ID(無線移動識別)という技術規格もある。DSRCの通信距離はだいたい10mぐらい、NFCは30cmぐらい。DSRCは高速道路の料金所で車が近づくと自動的にゲートがあがるETC装置の通信に使われている。NFCは駅の改札口。SuicaやPasmoなどの非接触カードとの通信が主な用途だ。電子タグと呼ばれるRF-IDもある。装置は米粒くらいの大きさのものもあり、出荷や在庫管理などのために商品などにつけられている。1mぐらいまでの範囲での通信が可能で、書き換えもできる。身の回りでの近距離通信に関しては、このくらいのことを知っておけば十分のはず。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。