恋愛成就のメールテクニック
RSS

なに!さいたま市内の小中学校の時間割表から「英語」が無くなった。

妻が近所の個別塾で講師をしている。週3日といわばパートタイム的な仕事。塾の仕事だから仕事の時間帯は、放課後となる。夕飯を準備してもらいたいのであまり遅くの時間帯を入れないでほしいと頼んでいる。夕方の早い時間帯となると当然のことながら小学生が多くなる。早い子では、小学校2年から3年生ぐらいの子がいる。教えると言うことよりも、まだ、いかに勉強に注意を向けるかということ、いかに机に座らせて、雑談に花を咲かせながらも勉強に誘導していくかで苦労するらしい。

学校のことや友達との話題なども入ってくるらしい。昨年から今年にかけては、小中学生に人気絶頂だったのが「おそ松さん」だという。ん?おそ松さん?おそ松君というのが昔あったけど。「おそ松さん」というのは、昔の赤塚不二夫の「おそ松くん」の面々が成長して大人になったからのお話なのだそうだ。アニメが3月までテレビ東京で放送されていた。すでに最終回を迎え放送は終了している。オリコンスタイルの発表した「週間 DVDアニメランキング」(7月4日付)によると、アニメ部門でそれぞれ1位、総合ランキングでも2位にランクインした。放送が終了して人気が下火になっているのではという話もある。しかし、妻に言わせると少なくとも塾内ではまだまだ人気絶頂のようである。

そんな話を聞いて、あの「おそ松」君は六つ子だっということを思い出した。ではでは、六つ子全部の名前を言えるかな?と試してみた。4人まではなんとか思い出させえたが全部は無理だった。知人に聞いてみた。全部言える人は少なかった。3~4人までかな。回答は一番下に書いておきます。

そんなこんなで、個別塾で小中学生との接点が無ければわからないだろうと言う話もを時々聞かされる。昨日は、さいたま市の中学校から「英語」という授業科目が消えたという、思わず「エッ!」と言いたくなるような話を聞かされた。「国語」や「数学」とともに主要科目として君臨していた「英語」が無くなったと言う。「英語」ではなく「GS」になったと。

GS? GSとくりゃー、ガソリンスタンドか? いやグループサンズもGSだな。正解は「Global Study」ということでした。文科省は2020年度から小学校5・6年生でも「英語」を授業科目に取り入れる方針。さいたま市ではこれを先取りし、さらに拡大させて、本年度2016年4月から、小学校1年生から「Global Study」として英語の授業を行うことになった。学校1年生から中学校3年生までの9年間を一貫したカリキュラムの下で、「聞く」「話す」「読む」「書く」4つの技能をバランスよく学ぶことで、将来、グローバル社会で主体的に行動し、たくましく生きる児童生徒を育成するのだそうな。フゥー!そんなに英語を勉強させなくてもというきもするなぁー。
グローバルスタディちらし(小学校用)↓
http://www.city.saitama.jp/003/002/008/005/p022049_d/fil/global-studies-leaflet1.pdf

さて、六つ子おそ松兄弟の名前:おそ松、から松、ちょろ松、いち松、じゅうし松、とど松。この他に出てくるお馴染みのキャラクターには「シェー」でおなじみのイヤミ、おでんを持っているチビ太、頭に日の丸をたてているハタ坊、デカパン、ダヨ~ン、ホウキで掃いているレレレのおじさんなどがいる。

さて、明後日7日(木)から、1週間ほど旅行に出かけます。時間があったら現地レポートをしてみます。通信事情によっては無理かも。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す