恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

そーせい暴騰

先週、そーせい、ついに終値2万円を突破とブログで書こうかと思っていたら、昨日の終値は24,960円。
もぉー、この暴騰ぶりメチャクチャでんがな。

一昨日は1000円、昨日は3,800円と連日の高値更新。1日で3,800円上がるということは、そーせい株を最低単位(100株)持っている方は、誰でも38万円の含み益になった。

私が、そーせい株を買い始めのは2年前。その年の年末までには1万円になるだろうとの期待から。それが、全然上がらない。昨年の秋、ファイザーと提携したというニュースが流れてから、上がり始めた。昨年の末、私の予想(期待)からは1年遅れてやっと1万円超え。それが、その後4ヶ月ちょっとで倍の2万円を超え、ここ数日で25,000円に近づいててしまった。半年前の10月下旬は、3,800円代の株価だったんだけどね。基本的に、特定の株銘柄を勧めることはしないのだけど、こんなことになるんだったら、他の人にも、買え!買え!と勧めるんだった。

ここ数日のそーせいの上昇は、一つには、7日(木)の朝方に、現在開発中のアルツハイマーの薬についてアイルランドの製薬会社アルゲンと提携することになったと発表したこと。これが、とんでもない契約で、契約金だけでそーせいの前年度の売り上げを上回っている。当然株価は暴騰。2日間で6000円近く挙げて2万円の大台へ。そして、11日後の18日(月)に、今度はKymab社と新規抗体薬の研究開発・商業化に関する戦略的共同研究を開始すると発表したこと。Kymab社って何と思ったのだけど、ビルゲイツやウォーレンバフェットが出資している財団のようです。このニュースを聞いて、海外の投資家がそーせいに注目し、株価が上がったようだ。

ちょうど1年前、そーせいの株価が7千円とか8千円の頃に、この株価で買ったとしても将来的には1000円の違いなんて誤差の範囲内というくらいになりますよ書いたことがある。株価が2万円を超えてくると、実際問題、そんな気がする。株価2万円も、2万5千円も単なる通過点の一つだろう。この調子だと年末までには3万円超えがあるかも。

田村社長(現在は、外人に社長の座を譲って会長)は、たかだか数千億の会社を目指しているのではない、数兆円を目指すと鼻息が荒い。控えめに1兆円の会社になる想定してみると株価はいくらになるのか計算してみた。発行済みの株数はおよそ1600万株ぐらい。会社の時価1兆円÷1600万株=62500 つまり、1株62,500円になる。そう遠くない時期に1株5万円にはなると期待している。

5万円かぁー。そうなれば、当方はメチャクチャにうれしいでござります。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。