恋愛成就のメールテクニック
RSS

インフルエンザにやられたでござるの巻

ちょうど1週間前の木曜日の夜のこと。ちょっと飲みすぎたらしい。体が熱っぽい。寝る前に体温計で測る。37.5C。おや、ちょっと熱があるな。翌朝、起き掛けに再度測る。38.5C。ややこれはまずい。朝食を食べて、もう一度測る。38.9C。これでは医者に診てもらうしかない。

街医者はすぐにインフルエンザを疑った。検査をしてみた。結果が出るのに10分ぐらい時間がかかるという。10分後、陽性の反応は現れなかった。インフルエンザではないとの診断。体調不良か何かで熱が出たということで、処方された薬を飲むと一気に平熱に。熱は下がったものの、ロス五輪の時の聖火台に点火しようとするモハメッドアリみたいに体全体に震えがきている。
疑陰性


靴下をはく時に、爪が引っ掛かったのを思い出し、足の爪を切ってみた。足の指が震え、手も震えている。爪切りの中に足の爪を挟むのが至難の業。たまに、爪切りの中に爪を挟みこめることがあるが、次の瞬間はもう外れている。ゲームとしては難易度が高い。真面目に爪を切ろうとしていたから、イライラは募るばかり。背後から家内の声が聞こえた。「どうして、こんな状態の時に足の爪を切ろうとしているの?」 ごもっとも。
皆さん、ほんとに体だけは大事にしてくださいよ。 (故林家三平)

1日経っても、この震えは収まらない。おかしい、原因はなんだろう?と思い休日も開いている医療センターへ行ってみた。医者に、街医者ではインフルエンザは陰性だった、しかしこの震えはなんだろうと聴く。医者も少し考え込んだ。念のため、もう一度インフルエンザ検査をやってみましょう。その結果の後で震えについて考えようとの結論。再検査の結果はすぐに出た。インフルエンザB型陽性。インフルエンザ検査は、鼻に棒状のものさし込み粘膜など液体物を摂取する。街医者で陽性反応が出無かったのは、初期の段階では陽性反応を示させるほどにウィルス菌が鼻の中に行きわたらないで、インフル検査では陰性となってしまうことがあるためのようだ。(疑陰性)
皆さん、ほんとに体だけは大事にしてくださいよ。 

医療センターがこれがインフルエンザの薬だと出してくれたのが「イナビル」。あれ?タミフルではないのかと思った。
イナビルタミフル
インフルエンザの薬は、タミフルと思っていた。もう、だいぶ前に主役の座を奪われ、今では昔の話になっていた。最近タミフルの副作用うんぬんの話がとんときかれなくなったは、そのためだったのかと納得。錠剤のタミフルと違って、イナビルは吸引型。口で加えて息を吸い込む。その時に容器の中の粉末薬が肺に入る。タミフルは錠剤で、毎日飲み続ける必要があった。イナビルは、一度だけで5日間有効と怠け者には便利にできている。
皆さん、ほんとに体だけは大事にしてくださいよ。 

四日目の月曜日になると熱も下がり始め、夕方には平熱に戻った。インフルエンザになって今回は体重が2kg以上減っていた。7~8年前にインフルエンザA型にかかわったときは、一気に5kg減った。単純に食べる量が激減するからだけの話。それともかく、30万円払ってライザップに入会するよりも、安く効果的だった・・・・・と思えば、少しは4日間の苦しも和らぐ。
皆さん、ほんとに体だけは大事にしてくださいよ。 
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す