恋愛成就のメールテクニック
RSS

スピーカーを作ってみた

やっと、メディアからSMAPの文字が消えてきましたね。
ネットを見ていたら、SMAPはジャニーズ事務所との契約が今年9月までは残っているので、このままのひとまず落着状態がしばらく続くとして、切れる頃になるとまたひと騒動が起こるのではないかと。

そうなったら、新グループ結成ですかね。
なんでも、木村拓哉を除く、中居正広と香取慎吾、 草なぎ剛、稲垣吾郎の4人が新たにグループを結成するようです。身を引いた飯島マネジャーに代わり、今月末にも手記を発表する予定の小保方晴子氏をマネージャーに招き、グループ名を「STAP」として再出発するのだとか。(^_^)

さて、先週末はスピーカーを作ってみました。小川町の実家ではときどき小さなラジオを聴いていた。もう少し良い音楽が聴きたいと思っていたところに、現在の住まいでラジオデッキが余っていることに気づいた。しかし、スピーカーが無い。あることはあるのだけど、箱がプラスチックでできていて音がなんとなく気に入らない。オーディオマニアでもないので、多少のことは我慢できるのだけど・・・。で、近くの電器屋さんに行ってみた。コンポとしてセットで売られていて、スピーカー単体で売られているのがほとんどない。あっても、マニア向けで高い。

仕方ないので、、安くて良い中古があるかハードオフに行ってみた。5000円ぐらいで昔は高かったろうと思われるスピーカーを各種売っていた。が、シミがあったり傷があったり。買おうという意欲が今一つわかない。うーん、どうしようと考えた末、スピーカーぐらいなら自分で作れるんじゃないか?と思い、インターネットをチェックした。自作用のスピーカーセットは簡単に見つかった。お手頃な値段の割にはお勧めということで、「かんすぴセット」というのがあった。蛇足になるがスピーカー自作マニアの間では、長岡鉄男というオリジナル スピーカー工作者としての教祖的存在の人がいたらしい。

フォステクス社の「かんすぴセット KANSPI-10 (11,970円」」を買おうとおもって、注文しようとしたら、買った人のレビュー欄に、セットになっているスピーカーも悪くはないのだけど、もう一段上のスピーカーに買い変えてみたというコメントがあった。そうか、そういう手もあるのかとこの意見を参考にして、箱(エンクロージャー)としてP1000-E、 スピーカーユニットには上記のセットのものよりも性能のよいFF105WKをアマゾンに注文した。左右両方の2個で15000円ちょっとオーバーするくらい。かんすぴセット KANSPI-10を買っていれば、セットにはアンプも付いてくるから、これに比べるとかなり高い買い物となった。

届いた箱を開けて中身を取り出してから1時間。あっという間に完成。というか自作とはいうものの、やることはスピーカーユニットを箱に取り付けるだけ。スピーカーと外箱を備え付けのケーブルでつなぐことと、ネジでユニットを固定することだけ。自作というよりも組み立てでした。あまりにも簡単なので、作り終えた、やったぁー!、という達成感はわき起こらない、のがちょっと物足りない。

組み立て前 ↓
スピーカー

あっという間の完成↓ 穴にスピーカーユニットを押し込んで締めただけ。


アンプは買わなかったので、組み立て終わったスピーカーをラジオデッキにつなぐ。音を鳴らす。オーッ、想像以上に良い音だ。少なくとも私が今まで買ったスピーカーの中では一番良い音がする。初めは1万円以上出してスピーカーを買うことに躊躇したが、そんな心配も吹っ飛んだ。うっかりすると味をしめて、もっと高いスピーカを買ってしまいそう。自画自賛であるが、良い買い物をしたと思っている。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す