恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

謹賀新年

明けましておめでとうございます。
今年は、仕事始めが4日からとサラリーマンにとってはあまり面白くない年初めです。
でも、世界に目を向けると、だいたいの国は1月1日は祝日、で土曜、日曜がお休み、となると特別に新年をお祝いしない国でも、3連休。今年の新年は、世界的にどの国も日本と同じ3連休となっているようです。

皆様の年末年始はいかがでしたでしょうか。私の大晦日の夜は、早めにそば打ちを終え、例によって紅白歌合戦を見ました。いつもは、録画していて、そばを打っていたり、お風呂に入ったりと時々チラ見する程度。正月になってから面白そうなところだけ見ていた。昨年は、飽きてきたら途中でお風呂に入ろうかと思いながら見始めたのですが、終わりまでほとんど見てしまった。視聴率は2部が過去最低を記録したとあるので、あまり評判は芳しからずというところなのでしょうか?私としては、紅白は近年ますます面白くなってきたと感じています。舞台装置やら演出やらでますますエンタテインメント性が高まっている。

昨年末の紅白では、私としては、水森かおりさんが、飛び回っている火の鳥に乗る演出がなかなかのものと思いました。ゴールデンボンバーも毎年楽しませてくれる。生番組なので、司会者の想定外の失敗も楽しみの一つなのですが、今年は全然なかったのが、逆にちょっと物足りなかったかな? やはり紅白は、歌番組の中でははもちろんのこと、全部のTV番組の中でもお金をかけて作っているだけに、楽しませてくれる番組だと思っている。歌だけ聞くのであれば、テレビ東京の年忘れにっぽんの歌を聞いていればいいしね。

物好きといわれそうですが、実は、昨年10月に紅白歌合戦の観覧希望に応募しました。往復はがき10枚を投函。結果は、以下の写真のようなはがきが10枚が届いた。すべて外れ。102万5枚の応募があったようです。私の想像を絶するほどに物好きがいた。

紅白結果

じゃ、競争率どのくらいだったんだろうと思い、調べてみた。
どのくらいだと思いますか?
① 10倍
② 50倍
③ 300倍
④ 600倍

NHKホールの定員は3500人。単純に今回のお応募総数102万5枚から定員の3500を割ってみる。291倍強の数字となる。NHKのことだから、関係者に席を確保するはずだから、仮に3000名を一般応募に開放するとて、3000名で割ると340倍となる。というわけで正解は③の300倍、・・・・・・・・・・・・・・というわけではない。

当選すれば、一枚の葉書で2名様が入場できる。つまり、当選者数はイス席数と同じではなく、その半分。競争率は逆に2倍に跳ね上がる。定員一杯の3500名を全部応募者に回すとしたら、当選者はその半分の1750人。102万5名を1750人で割ると競争率は580倍強。NHK関係者の分を確保してあるから、まぁー、少なくとも④の600倍の競争率を下回ることはないと思う。ひょっとすると、一般開放分のイス席は案外に少なく、競争率は1000倍ぐらいになっているのかもしれない。

仮に競争率600倍とすると、往復はがきで600枚応募すれば、確率的には当選する可能性が高い。でも、往復はがき代だけでも、62400円かかる。当選した入場券がオークションにかけられていた。10万円以上の値段がつけられている。2014年、15年のポールマッカートニーの来日公演チケットが10万円だそうですが、どうしても10万円払ってどちらかを聞かなければいけないというのであれば、私としては、爺さんの歌声よりもエンターテインメント性の高い紅白を選ぶかな?

そんなわけで、今年もまったりまったり(週一ぐらいのペース)とブログを書いていきます。
月4回ぐらいのペースが目標。駄文ですが、読んで面白かった、あるいは、なるほど初めて知った、そんな感じのブログ記事を目指しています。本年もよろしくお付き合いください。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。