恋愛成就のメールテクニック
RSS

歴史を歪曲した中国の記念行事 「抗日戦争勝利70周年」

日本では8月15日が終戦記念日になっている。ポツダム宣言受諾を公表した昭和天皇の玉音放送を持って敗戦と認識しているからだ。しかし、世界的に見れば、終戦記念日は、9月2日。1945年の9月2日にサンフランシスコ沖に停泊していたミズーリ号上で日本が降伏文書に調印したことからである。

お隣の中国は、1951年8月13日に抗日記念日を「9月3日」にすると決めている。このため、今日から明日にかけて「抗日戦争勝利70周年」の記念行事と軍事パレードが企画されている。

おやぁー?

 確か、中国と韓国は常々日本に対して、正しい歴史認識をしろ!と戦時中における歴史認識や戦後の対応をめぐって批判を繰り返してきたよね。正しい歴史認識をと。

第2次世界大戦で日本を相手に戦ったのは社会主義を標榜する「中華人民共和国」ではないよね。蒋介石率いる国民党政府の「中華民国」だ。今の中華人民共和国がが実権を握ったのは、蒋介石が国共内戦で形勢がが悪くなり、南京から台湾へ逃げ出した1949年以降のこと。第2次世界大戦が終わった後のことだ。中華民国の国民党政府を引き継いでいる今の台湾政府が「抗日戦争勝利70周年」を演出するというのであればわかる。しかし、今の中華人民共和国が日本と戦って勝利したというわけではない。これが正しい歴史認識だろう。中国の「抗日戦争勝利70周年」は、歴史を歪曲した記念行事。歴史を正しく認識しろと迫られている安部首相が出席しないのは至極当然のこと。

ちなみに、毛沢東は一切抗日戦勝記念式典を行っていない。 抗日の式典を大々的に行いだしたのは、反日代表の江沢民時代の1995年から。江沢民が国家主席になるまでは、全国的な行事ではなく、また式典という形で行われたことはなかったようだ。若い中国人世代に反日思考を植え付ける教育体制を整えたのもこの江沢民ね。いま習近平が江沢民一派を一掃しようとしている。この記念行事に江沢民が出てくるかどうかは、一つの見どころ。

それにしても、中国と並んで日本に正しい歴史認識を迫っている韓国からは大統領が参列するという。おかしな国だ。当時は日本という形で中国と一緒に戦った国だろうに。韓国も日本に正しい歴史認識を求めるなら自分も正しい歴史観を持たねばね。


P.S. 記念行事式典の参列者の写真が手に入りました。江沢民は習近平の隣にいますね。ふーん、まだ江沢民一派を粛清し終わってないんだ。
中国抗日軍事パレード 1116456687_1441249368653_title0h
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す