恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

やはり、裏切りの国民性

7月4日のNHKニュースの一部からの引用
「日本のユネスコ関係者によりますと、「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録について、 いったんは協力することに同意した韓国が再び反対の姿勢を示しているということです。 」

パチ、パチ、パチ。出ましたね、韓国のお家芸。
国際舞台での裏切り。お見事です。
裏切りが韓国の得意とするところというのはこのブログ記事でも書いてあります。後のことは考えず、目先のことしか考えた行動しかしないという点では、企業経営などは短期的視点から考えてないと批判される欧米人も真っ青でしょう。

6月に、韓国から外務大臣が来日し、日韓外相会談で、韓国側の推薦案件とともに登録されるよう、日韓両国が協力していくことで一致していたみたいだけど、・・・・・。日本の外交としては、韓国を信用したというのが致命的なミスだったのでしょう。

まず、韓国が要請した百済地区を日本の賛成を含めて満場一致で世界遺産に採択させておく。
その後での豹変。通常の感覚を持っている人には到底できない。
こんな国に住みたくないと半数近くの国民が思っているようですが、気持ちはよくわかります。

まあね、登録を目指す地元の人たちにとっては、是非にという気持ちがなみなみならぬものなのでしょうが、部外者にとってはちょっと熱が冷めてしまいます。日本の世界遺産登録も今回で19件目。なんか初めて聞くようなところも多い。世界遺産て、まぁーその程度でも登録されるのかというような気もしてきます。世界中のあちこちでも登録されている。数が多くなってくるとありがたみというか権威性が薄れててきますよね、ギネスなんちゃら記録みたいに。

P.S. 5日夜に、登録が決定しました。日本が韓国に譲歩したと以下のように読売新聞は報じています。
(引用)
合意に沿い、日本代表団は登録決定後、構成資産の一部について、「1940年代に、意思に反して連れて来られ、厳しい環境で労働を強いられた」 朝鮮半島出身者が多く存在したことへの理解を深めるための措置を講じる方針を表明。「被害者を記憶にとどめるため」の情報センターの設置を検討するとも述べた。 日本側が事実上、譲歩した形だ。
(引用終わり)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。