恋愛成就のメールテクニック
RSS

ホームセンターの激安ビール (黄金とLekker)

20日の朝、NHKの朝の番組にホームセンターの担当者が登場したらしく、ビールのような発泡酒を独自に開発した、これはお客様にお店に来てもらうためなので、利益を目指してないので価格は安く設定しているという声が聞こえてきた。NHKだから、どこのホームセンターかは言わない。画面を見てみるとそばの箱には「カインズ」の文字。カインズなら、近くにあるじゃないかということで早速「カインズビール」をチェックしに行って来ました。ちなみに、カインズというのは、以前伊勢屋ホームセンターと名乗っていました。名前のとおり伊勢崎市や栃木市など群馬県空から出発したホームセンターです。名前をカインズと変えています。本社も伊勢崎市にあったのですが、1~2年前に埼玉県の本庄市に本社を移しています。関東北部を地盤にしているホームセンターです。
激安ビール
カインズの酒類売り場に行くとありました、ありました。「黄金(こがね)」という缶ビールが山のように積まれていました。料金は350mlの缶で1缶78円。あれ?安すぎない?どうせまずいビールだろうと思いながらどこで作っているのかと製造元をみると、Sanmigeru Produced in Thailandとなっている。タイ製のビールでした。どおりで安いはず。おっー、あのサン・ミゲルか・・・・・・・・・。

日本以外のアジアで人気の高いビールとして直ぐに思い浮かぶのは、青島ビールとサン・ミゲル。そのサン・ミゲルなら期待できる。でも、サン・ミゲルってフィリピンのビールではないか?余談になりますが、サン・ミゲル本体は、最近、フィリピンで電力や通信などのインフラ事業に進出して多角化経営に乗り出し始めている。こちらの方が儲かるのだろう。ビール事業からは足を洗おうとしている。そこに目をつけたのが日本の麒麟麦酒。すでにサン・ミゲルのビール事業を担当する子会社の株式43%を買い取っている。

簡単に言うと、カインズのビール「黄金」はアジアで人気の高いフィリピンのサン・ミゲルをもとに、日本人の好みに味付けしなおしたもの。これを、タイでOEM生産して日本に輸入し、カインズ開発商品として販売しているという構図です。そして、2011年モンドセレクション金賞を受賞いたしました!まぁーーー、モンドセレクション金賞受賞といっても、金賞の上には最高金賞(Grand gold quality award)があるで、実質銀賞です。しかも2009年はGoldとGrand Goldを受賞した商品は、総出品数の55.1%に上ったそうですからバラ撒きの賞です。

さて、ホームセンターの激安ビール、買って飲んでみました。黄金とLekkerです。Lekkerrは、ベルギーのビールです。欧州ビールの仕様なのでしょうか、日本製ビールと比べるとコクとキレが薄い。Lekkerは、それほど日本人好みになっているとは思えない味です。ベルギーの有名ビールHeinekenとはちょっと違った味です。例えていうなら、米国のBudweizerがHeinekenとしたらCoorsのような味。と、このように例えるとますますわからなくなってしまうか。とにかく、コクが無いでビールです。黄金は、日本製と比べると若干コクとキレが落ちるが、値段を勘案すると十分に合格点は取れる味になっていました。試してみたらいかがでしょう?

え、カインズホームが近くないって? 近くにあろうが無かろうが、通信販売なら全国どこでも自宅まで届けてくれます。わざわざ思い物を買いに行かなくてもよい。1ケース(350ml缶24本で1850円)と送料(300円)で1缶あたり90円取られますけど、それでも日本製ビールよりも大幅に安い。2ケースだと送料はただになる。カインズの通信販売はここ↓です。
http://www.cainzhome-online.com/goods_list/goods_list_3.php?p=1&called=category&sort=popularity&disp=20&vctg_no=i586&now_page=1&o_no=4562220160064
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す