恋愛成就のメールテクニック
RSS

ふるさと納税で液晶ディスプレイもらったよ

おっや、気がつけば、1月はブログの記事を2回しか挙げなかった。遺憾なぁー、もう少しまめに書かないと。前にも書いたように現在他の執筆活動をしています。資料を集めるのが大変。で、ちょこちょこと世界の電気通信の動向を追って、原稿を書いている。そうするとブログの原稿を書く意欲も低下してしまう。この状態、もう少し続きそう。とは言え、ブログは読んでくれる人への近況報告を兼ねている。

昨年の終わりのころから、我が家にある2台のデスクトップパソコンのうちで古い方のデスクトップのディスプレイの調子が悪くなってきた。I-Oデータ製ね。もう7~8年は使っている。いよいよ寿命か、そろそろ買い替えなくちゃなーと思っていたら、1月21日にネット上に「長野県飯山市、「ふるさと納税」特典にマウスコンピューター製PCやiiyamaの液晶ディスプレイ」とのタイトルを発見。

何!ふるさと納税で液晶ディスプレイもらえるのか?早速記事をチェック。「ふるさとチョイス」のウェブへ行っみた。飯山市は今年からお礼として送る特典をさらに充実させたようだ。確かに、2万円以上3万円未満のふるさと納税、簡単に言うと寄付をする選択肢の中に液晶ディスプレイがあった。
飯山市 ディスプレイ
G.iiyama製 21.5型ワイド液晶ディスプレイ「iiyama E2278HD-GB2」価格.comで市場価格をチェックしてみた。
最安値でも14,000円前後の値段がついている。
しかも、クレジットカードを使えるの手続きは数分で終わる。
ためらうことなく、飯山市に2万円のふるさと納税しました。
今年最初のふるさと納税です。

飯山市はふるさと納税をしてくれる人が多いようで、手続きも簡単、特産品を送ってくる得るのも素早い。すでに、液晶ディスプレイは届いている。これに加えて、飯山市の湯滝温泉無料入浴券、高橋まゆみ人形館無料入場券、飯山市ふるさと館無料入場券がそれぞれ2枚づつ同封されていた。なんか行ってみたくなったな。↓飯山市のホームページから
飯山市 早春


今年からは、ふるさと納税の上限が昨年の1割上限から2割上限へと枠が広がる。5件までだったら、ふるさと納税を利用した自治体が控除手続きをしてくるようになる。2000円の自己負担分が半額の1000円になると良いことづくめじゃないですか。

あ、そうそう、昨年の9月から草津温泉がある群馬県の草津町でも中之条町をまねてふるさと納税額の半分に相当する額の感謝券を送ってくれることになった。
市民税を納めているサラリーマンや年金生活者はふるさと納税をやらない手はないと思うんだけどな。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す