恋愛成就のメールテクニック
RSS

訪日外国人が買うユニークなお土産 (倉敷再訪 その2)

倉敷再訪その2を書こうとしていたらだいぶ時間が経ってしまいました。
紅葉がきれいだったので、時期外れですが載せておきます。 ↓ 
倉敷市美観地区の紅葉 (舟の左側の家が旧大原家、右側には大原美術館がある。)
s_20141128_104703_Android (1) s_20141128_105533_Android (1)

朝の6時前に京浜東北線に乗り替えたら、混んでいてビックリしたというのが前回のお話。その後、東京駅発6:30の「のぞみ5号」で岡山へ。途中、新横浜から、若い白人の外人のカップルが乗り込んできた。
倉敷からの帰りは、岡山駅からは自由席ではなく指定席を買った。16号車のA席。そこしか空いてない、と言う。3列席の窓側で運手席の真後ろだという。ま、いいかなと。新神戸からも、若い白人のカップルが乗り込んで2つ空いていた隣の席に座った。ロンドンから来て、京都・大阪を観て東京に戻るところだと言う。「新神戸から乗ってきただろう?神戸にも行ったのか。」と聞くと「いや、間違えて乗ってしまった。」とのこと。どうりで、逆に「東京へ行くのか?」と何度か念を押されると思った。海外からだと乗り放題の切符を安く買って国内を刊行しているのだろう。行き帰りも近くの席に外人。やはり訪日外国人が多くなっていると実感した次第。

で、その外人たち。日本からの土産はどんなものを買っていくのだろうかというのが本日のお話。
一番多いというわけではなく、どちらかというと日本人から見てユニークな品物ではあるが、外人が日本のお土産として持ち帰る面白いものをユニークさという観点から挙げるとこんな感じかな↓
第1位 温水洗浄便座
第2位 ランドセル
第3位 弁当箱
第4位 電気炊飯器
第5位 ポケットティシュー
第6位 和包丁

温水洗浄便座については、ここで、マレーシアのガイドがお土産に買って帰ったと言っていたことを書いている。パナソニックは、海外の電圧に対応したものも出している。1ヶ月に約70台も温水洗浄便座が売る免税店もあるそうだ。
ランドセルは、小学生が登場する日本アニメが海外で普及するに伴い、土産に購入する旅行者が増加しているのだとか。現在のところ中国人や台湾人が多いみたい。じわじわと他の外国人にも広がりを見せているようだ。、関西国際空港の国際線出発エリアでは2つの免税店がランドセルを販売している。CNNは人気に火をつけたのが、ハリウッド女優のズーイー・デシャネルが、ニューヨークで真っ赤なランドセルを肩に下げているのが見かけられたためと報じている。↓
http://www.cnn.co.jp/fringe/35054334.html
弁当箱は、この前NHKの朝の番組を観ていたらフランス人が京都で弁当箱を販売しているお店の話題を取り上げていた。ここね↓。
http://guide.travel.co.jp/article/5512/
http://www.bentoandco.jp/#!/    ← ネット通販サイト

和包丁ぐらいになると、お土産としてはどちらかといえばユニークというほどでもないか、普通に考えてありかなと思う。うっかりと手提げバッグに入れてうっかりと機内に持ち込もうとしてしまいそう。トランクの中じゃないとだめだね。
中国人の間で人気が高いのが、電気炊飯器と高級紙おむつ。紙おむつは花王製品が人気あるらしい。私はユニチャームの株を持っているので、ユニチャーム製品をお勧めしたい。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す