恋愛成就のメールテクニック
RSS

朝早くの京浜東北線 (倉敷再訪、その1)

ちょっと時間が経ってしまったお話になりますが、3週間ほど前の11月27日(木)、28日(金)と倉敷市に行ってきました。

ブログのここで書いているように、倉敷市は3月にも行っています。その時は羽田からの飛行機を利用しました。
今回は10:30から開始予定の会議に間に合うように東京駅発6:30ののぞみ5号を利用しました。自宅を出たのが4:50分。一番列車ではなく2番目の列車でした。大宮からは上野へは、高崎線や宇都宮線を使うと停車駅が少なく、早く行けるのだけど、朝5時台はなんと高崎線や宇都宮線は大宮からは列車は走ってないということに初めて気がついた。

あら!じゃぁーまずは京浜東北線を使って上野に出るしかないじゃない。というわけで、埼京線で赤羽まで行き、そこで京浜東北線に乗り換えてそのまま東京駅へ行くルートを選択しました。2番列車なので、日進駅では余裕で座れました。赤羽で乗り換えるとすわれないかもしれないなと思っていたら、考えの甘さを悟りました。やってきた電車は座れないどころか、立っている人も多い。つり皮がかなり埋まっている。正直、えっと思いました。だって、まだ朝6時前です。朝の5:40分頃。都心に近付くにつれて乗客は増え、上野あたり(朝の6:00頃)では、写真のように↓ほとんどのつり皮が埋まってしまった。
並行して走っている山手線をみると、ガラガラ。郊外から都心経由郊外行きの通勤客が多いことがよくわかりました。



新幹線に乗るのは久しぶりです。6:30分発ののぞみ5号は指定席はすべて売り切れ。自由席も席は争奪戦が繰り広げられるのかと戦々恐々として、自由席の列に並ぼうと向かったのですが予想に反して並んでいるのはほんの数名。6:15分ごろ入線してきて、ドアが開いたのですが4-5名がいる程度のガラガラ状態。(写真↓)それでも、出発間際になって自由席の窓際の席はすべて埋まりました。


当日は、よく晴れていたので新富士あたりから富士山がきれいに見えました。
s_20141127_071820_Android 1 (2)

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す