恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

一灯照隅的な株パッケージは1割以上の上昇

9月9日に書いた一灯照隅的な株パッケージがその後どのように動いたかについての第2弾です。
ではではということで、10月末日の終値がどうだったのか見てみました。

           9月9日終値      10月31日の終値  変動幅     変動率
TOTO(5332)       1252円      1228円       ―24円     -1.9%
ニトリ(9843)      6200円       7050円     +850円    +13.7%
サンリオ(8136)      2973円      3215円     +242円   +8.14%
クスリのアオキ(3398)   4360円    5410円      +1050円   +24.1%
上記4銘柄合計 9月9日の終値 最低単位で買うと1,478,500円を買うために費やしたことになります。 
  
でもって、4銘柄合計 10月31日の終値で1,690,300円になります。これは、買値に対して14.3%の値上がりとなります。2か月足らずで211,800円の含み益が出ました。

まぁー、今回は地合いが良かった、運が良かったと言うだけことでしょう。
机上の取引でなければ、最近市場が上がっているので、私ならここで利益確定します。
そのうち、また、ドカーンと下がる時が来る。そこで買いに入った方がよい。

でも、これはお遊びなのでずっと持ち続けることにします。良い銘柄を買っておけば、数年後には銀行に貯金しているよりもよっぽど良いよということを確かめたいからです。

さて、私が持っていると明言している「そーせい」と「ユニ・チャーム」はどうかというと・・・・・・。
            買値    10月31日の終値   変動幅    変動率
そーせい(4565)        5200円    4175円    -1025円     -19.7%
ユニ・チャーム(8113)    2323円   2573.5円    +250.5円    +10.8%
うーん、こんなにも地合いの良い時に・・・・そーせい(4565)だけが下がっている。ダメか。
ユニ・チャームは安心銘柄ですね。2年持っていたら、買値のほぼ2倍です。本日第2四半期の短期決算が発表されました。海外の売上が順調に伸びてます。また、自社株買いも発表しています。利益の半分を株主に還元すると言っている。下がったらまた買い増すつもり。

上記6銘柄合計   9月9日の終値 2,228,000円    10月31日終値 2,365,150円    137,150円の含み益と率にして6.15%の値上がりとなりました。ひとえに「そーせい」が足を引っ張ったわけです。で、私はこのそーせいをかなり持っているので、相当な含み損を抱えているということは言うまでもありません。ま、もう少しの我慢かなと思っています。

下がったら買いたい銘柄が他にもありました。エムスリーメッセージ

最後に、日経平均株価と比べてみました。
9月9日の日経平均株価15749.15円 10月31日の終値16413.767円  +664.61円  +4.22%
一灯照隅的な株パッケージは上昇率14.3%だから、地合いが良かったとしてもまあまあの成績といったところかな。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。