恋愛成就のメールテクニック
RSS

オウムとガイコツ

このブログで「目の錯覚」というタイトルで、面白い写真を取り上げたことがあります。80%ぐらいの情報は目から入ってくるそうです。しかし、その現実と思って見ている世界は、実は脳が作り出している。世界をありのままに見ているわけではなかった。長年の経験により知らず知らずうちに先入観や常識をもって生きている。たとえば、鼻は出っぱっているとか、遠くの物は小さく見えるなど。このような過去の経験の延長線上で、あるいはこれまでに身につけた常識の枠組みのなかで対象を見てしまっているから、なかなか本当の姿を見つけ出すことが難しい時もあるようだ。

先日、知人から綺麗なオウムの写真↓が送られてきました。
こんな文章も添えられていた。
(引用)
>フランスから面白い写真来ました。送ります。
>オウムの写真、わざわざ送りません。
(引用終わり)


何度も何度も見たのですが、どう見てもオウムにしか見えません。

ちなみに、5人ぐらいの方にこのオウムの写真を転送してみました。
見破ったのはわずかに1人。
あなたは見破れますか?

ついでに、ガイコツの写真↓も貼っておきます。
ガイコツ拡大

そして、この写真↑がヒント。
多分これでも、やっぱりオウムの写真だろうという人がいると思う。

それでも、わからない・・・・??という方のために、答えは次回のブログ記事で。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す