恋愛成就のメールテクニック
RSS

ヤンゴン訪問紀 (出発する前に早くも成田空港で疲れてしまったの巻)

7月12日日からミャンマーのヤンゴン(昔の名では、ビルマのラングーン)に来ています。
ご承知のとおり、当初12日ぐらいに台風が関東地方を直撃しそうな気配でしたが、1日早く通り過ぎ
たので、飛行機も問題なく飛べるだろうと空港に向かいました。

手荷物をけ、出国ゲートも通り過ぎ、案内されている搭乗口の37番ゲートに向かう。
行ってみるとすでに搭乗が開始されている。「おかしいな?まだ
出発1時間前だし、もう機内に入れるということはないだろう」と思って目的地を確認すると
「香港行き」となっている。

「おや?なんかおかしいな。今、37番ゲートが使われていたら、
香港行きに使われていたら、ヤンゴン行きの飛行機が入れないじゃないか?」
もう一度、搭乗案内を確かめてみた。やはり、ヤンゴン行きは37番ゲートとなっている。」

しばらく、待っているととんでもないアナウンスが聞こえてきた。
「ヤンゴン行きは機材変更のため出発時間が遅れ、15時の出発を予定しています。」
ということで、直前になって4時間遅れて15時の出発というアナウンスが飛び出してきた。

4時間も空港内で時間をつぶさなければいけない。あいにくと航空会社の
お得様向けのなんちゃらメンバークラブには入ってないし、ゴールドカードも
持ってないので、空港内のお得意様向けラウンジには入れない。

空港内をぶらぶらしているうちに、既に日本の航空会社では使わなくなってしまった、ボーイング747、通称ジャンボジェット機を見ることができました。やはり大きい。燃料だけでドラム缶1000本以上積むことができる。この747機は好きだな。


しばらくすると、機体にキティちゃんが描かれた「ハローキティジェット」が入って来ました。
すると、周りいたひとたちが一斉にカメラを向け始めた。
写真↓は、台湾の新参航空会社EVA航空の飛行機。

最初は、2005~2006年にサンリオと提携しハローキティジェットを飛ばしていて大好評であったが、その後提携を解消して居たようだ。2011年に就航20周年を記念して新たな機材および機体デザインで再度就航。
現在、キティちゃんが描かれた機体が六機台北から飛んでいるようだ。台北からロスアンジェルスにも飛んでいる。



目的地ヤンゴンに着いたのは、現地時間、夜の7時20分ごろ。
(宿泊しているホテルは、チャトリウムホテル。旧ニッコーホテル。ヒラリークリントンも泊まったようだが、インターネットの速度は遅い。写真の掲載は、日本に帰ってからになりそう。)
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す