恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

そっこうで、クロームキャストを買ってみた

昨日(28日)、グーグルのクロームキャスト(Chromecast)が売り出されるというので、朝一番でヤマダ電機に買いに行きました。家電量販店中ではこのヤマダ電機グループ(ヤマダ電機、TSUKUMO、ベスト電器)とビックカメラグループ(ビックカメラ、コジマ、ソフマップ)で扱っている。あとは、グーグルストアかアマゾンでのネット販売のみ。

クロームキャストというのは、スマートフォンやタブレットの動画を家庭の無線LANなどのWi-Fiから、直接受信しTVの画面に再生させる装置。スマートフォンでみているYoutubeなどのネット上の動画を居間のテレビで見ることができるようになる。2013年7月にまず米国で発売され、アマゾンでは売り切れ状態が続いたそうだ。その後は、欧州などで販売を開始していて、日本は14番目。

さて、ヤマダ電機。10:30開店だったのですが、その5分前ぐらいに到着。入口近くでは、列を作ってなかったですが、10人ぐらいの人が開店を待っていた。といっても、別にクロームキャストを買うという人ではなかったです。10:30になり、店が開けられ、タブレットやスマホ売り場に行ったのですが、それらしきものが見当たらない。近くの店員に聞いてみた。まだ、陳列してなかったようで、カウンターの奥の方から現物を持ってきた。4200円、税込みで4309円。米国では$35で売られている。日本人には高めにふっかけてきている。ま、お店に不満を言っても仕方がないわけですが。

自宅に戻り、早速作業に取りかかった。グーグル側の説明は、取り付けはいたって簡単、5分もあればできるそうだ。写真のトングルと言うUSBメモリースティックの大きめなものをTVのHDMI端子に刺し込む。電源も刺し込む。後は、Chromecast/setupというサイトからソフトをタブレットやスマートフォンにダウンロードするだけ。簡単、簡単・・・・・・と思ったら、これが大間違い。
  クロームキャスト

普段使っているブラウザー(インターネット・エクスプローラではなくグーグルクローム)を使ってグーグルのアンドロイド系ソフトが置いてあるPlayストアに行き、タブレット(ASUS社製のMemopad HD7)に、Chromecastのソフトをダウンロードした。ソフトをインストールしようとクリックするところを探したら、出てきたChoromecastのサイトには「この端末ではご利用できません」とのメッセージ。は???。インストールの前に該当する端末機器を選択する事が求められているが、その箇所が灰色になっていて、クリックが効かない。その先に進めない。ソフトを展開して、インストールスルことができない。あちこち情報を探して、やっと米国のサイトに、同じように悩んでいる人がいるのを見つけた。その回答としてMemopadにインストールする場合は、ブラウザにグーグルクロームのBETA版を使うとインストールできる、とあった。グーグルブラウザにBETA版があるとういうことすら知らなかった。

探してみた。本当にあった。Chrome BETA版をダウンロードした。これを使ってChromecastのソフトを落としてみた。展開すると、なるほど、情報の通りすんなりとインストールできるではないか。自宅のWi-Fi機器である無線LANの暗証番号を入れる。TV画面にタブレットと同じ画面が出てきた。グーグルBETAを通じてのインストールは確かに簡単であったが、そこにたどり着くまでに少なくとも1時間は経過していた。

では、ではということで、スマートフォンで試みることにした。スマートフォンでは、ダウンロードしたソフトを展開し、該当する端末機器を選択するし、ソフトをインストールことができた。が、そのアイコンがスマートフォンのどこにも見つからない。これじゃ、利用できない。何度かダウンロード、ソフトの展開、インストールを繰り返したら、「アイコンを・・・」の文字が一瞬見えた。アプリのアイコンが羅列してあるスマートフォンの画面を探してみたら、それらしきアイコンがあった。やっと通じた。少なくとも、グーグルが言うように簡単にインストールを済ませられる人はあまり多くないだろう。

では、クロームキャストを入れた事のメリット? Youtubeが今のTVの大きな画面で見ることができるようになったことぐらいかな?スマホのすべての動画がTVを見られるというわけでもない。YouTubeやGoogle Play(グーグルプレイ)、NTTドコモの定額制ビデオ配信サービス「dビデオ」、KDDIの「auビデオパス」などはこのアプリに対応しているので、クロームキャストを通じてTVで見ることができるようになるようだ。

インターネットの動画はデスクトップの画面で見るので十分という人にはグーグルキャストは不要なもの。今のTV画面でもYoutubeの映像を見たいというアンドロイド系スマホ所持者にとっては、ありがたい品物。あ、iPhoneには、ちょっと高いですがAppleTV(1万円)というのがあります。いずれにしろ、私の場合、動画でけでなく、スマートフォンやタブレットのすべてのアプリ画面全体をTVの大きな画面に映し出せると誤解していたこともあり、あせって買わなくってよかったのかもと今は少しばかし後悔している。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。