恋愛成就のメールテクニック
RSS

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   

ほぉー、携帯電波で捕まったのか

13:00頃、お昼を食べに近くの中華料理店に入った。逃亡犯なかなかつかまらないねと連れの人と話していた。強姦犯の逃亡に、4000人もの警官を動員するなんてすごいね、神奈川県警だから逃げ通せてしまうのじゃないか、ブラックシールズさんを殺した市原みたいに無人島に逃げ込んだらみつからないだろうなどと話していて、ふと店内のテレビを見るとパトカーの映像。NHKのニュースが川崎の逃亡者の身柄確保を伝えていた。

誰かからのタレ込みで追い詰められて捕まったのかと思ったら、友人が貸した携帯電話で位置を簡単に突き止められてしまった。警察に捕まった時に携帯を持っていたら取り上げられているから、この携帯電話は逃亡中に友人から借りたのだろう。よっぽど機械に疎い逃亡者だったようです。それとも友人にまでは警察の手が伸びないと思ったのでしょうか。友人が裏切って携帯を貸したことを話した訳ですが、この友人も犯人隠匿罪になるんじゃないかな。
よくツイッターは馬鹿発見器と言われるけど、逃走中にツイッターをやっていた↓(偽物かもしれないが・・・)としたら、この馬鹿にはつける薬が無いよね。
あ、そうか、友人も携帯から位置が突き止められると知らずに、警察には携帯を貸したと話してしまったということもあるな。             逃亡者_convert_20140109174438
逃走犯を捕まえた時の報道で、警官に激しく抵抗したとか、おとなしく捕まったとか、報道機関で随分と違いがあります。日本の報道なんてこんなもんなんでしょう。センセーショナルに書くのは読売。読売の方が読んで面白い。真相はNHKの方かな。寒くて抵抗なんかしないと思うよ。ニューヨーク州では一度刑務所から脱走したもののあまりにも寒いんで刑務所に戻りたくなって、近くのモテルに立ち寄り、警察に電話してくれと頼んだというニュースもあることだし。

読売新聞 1月9日(木)14時34分配信
(引用)
 けたたましいサイレンの音が住宅街に鳴り響いた。9日午後0時48分、
横浜市泉区和泉町の公園近くの林に隠れている杉本容疑者を県警の捜査員が発見した。

 「いたぞ」。捜査員の大声がかかると、捜査員数十人が一気に林の中へ入った。一度は捕まった杉本容疑者は激しく抵抗し、
再び逃走しようとしたが、応援で駆けつけた数十人の捜査員に再び取り押さえられた。
 (引用終わり)

一方NHKニュースでは、
(引用)
神奈川県警察本部によりますと、杉本容疑者は、雑木林の中の小川沿いを1人で歩いているところを警戒中の警察官が見つけました。下流から警察官が杉本容疑者を見つけ「杉本か」と声をかけたところ、小川の中に入って上流に向かって走って逃げ出したということです。
そして、30メートルほど走ったところで、上流にいた別の警察官が下流から来た警察官と挟み撃ちにしたところ、杉本容疑者は「逃げません、逃げません」と立ち止まったということです。
杉本容疑者は手が冷たく寒がっている様子で、「疲れました」と話していたということです。
このあと、雑木林で警察官が改めて「杉本だな」と本人であることを確認したところ、「はい」と認めたため、逮捕したということです。
(引用終わり)

あ、朝日は捏造することが得意ね。小説を読む気分で読むと良いよ。

トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す

   
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。