恋愛成就のメールテクニック
RSS

外人からの評価が高い日本の観光地ランキングとラーメンのお話

トリップアドバイザーという旅行に関する口コミサイトがあります。記憶は定かでないが、過去に利用したことがあります。その時に会員登録したので、お知らせメールがときどき届く。最近届いたメールに外国人がかっこいい(Cool)と評価した日本の観光地ランキングというのがあった。

2010年9月~2013年8月の3年間に、日本国内の観光スポットに投稿された日本語以外の口コミの中から、コメント中で「cool」と表現した頻度や総数などをスコア化して集計したものだそうです。で、興味があったのでサイトを覗いてみた。

1位から20位は次のようになっていた。

1位:原宿竹下通り(東京都/渋谷区)、
2位:海遊館(大阪府/大阪市)、
3位:道頓堀:(大阪府/大阪市)、
4位:伏見稲荷大社(京都府/京都市)、
5位:大江戸温泉物語(東京都/江東区)、

6位:東京ディズニーシー(千葉県/浦安市)、
7位:三鷹の森ジブリ美術館(東京都/三鷹市)、
8位:金沢21世紀美術館(石川県/金沢市)、
9位:二条城(京都府/京都市)、
10位:カップヌードルミュージアム(神奈川県/横浜市)

11位:築地市場(東京都/中央区)、
12位:旭山動物園(北海道/旭川市)、
13位:日本科学未来館(東京都/江東区)、
14位:梅田スカイビル・空中庭園展望台(大阪府・大阪市)、
15位:箱根登山電車(神奈川県/箱根町)、

16位:表参道(東京都/渋谷区)、
17位:お台場(東京都/港区)、
18位:明治神宮(東京都/渋谷区)、
19位:東京タワー(東京都/港区)、
20位:ユニバーサル・スタジオ・ジャパン(大阪府/大阪市)

京都にある映画村太秦あたりは当然ランクインされるのかと思ったのだけど、外人は余り行かないんですかね。
外人を関西、ことに京都を案内する機会が比較的多かった人に聞くと太秦がサムライなどの格好をしている人がいたりして、大変喜ばれたという話を聞いている。

2位海遊館と5位大江戸温泉物語、8位金沢21世紀美術館、14位梅田スカイビル・空中庭園展望台なんて全然知らなかった。10位のカップヌードルミュージアムも思いもよらなかった。面白いんですかね。横浜ならいけない距離でもない。今度行ってみたいと思います。

ところで、インスタントラーメンは日本の安藤百福さんが発明し、カップラーメンは日清食品が開発したものです。日本発祥というわけで、世界的に見ても日本人が圧倒的にインスタントラーメンを食べていると思っていた訳ですが、・・・・・・最近おもしろい統計を見つけました。

ラーメン消費量
 (出所)社会実情データ図録

あの中国が世界の消費量の半分を占めている。しかし、一人あたりに換算するとインスタントラーメンを最も食べるのは韓国人。冬は寒いしね。韓国の農心株式会社中国研究所の高敏浩(コ・ミンホ)所長によると、1963年に日本からインスタントラーメンの製造技術を導入して以来、韓国では袋入り麺が主流だという。韓国ではアウトドアでカップ麺を食べることもあるが、家では袋入り麺を食べることが多いという。

ちなみに、日本の国内でインスタントラーメンの1世帯あたりの消費量が一番多いのは、青森県で7.5kg。このインスタントラーメンの消費量は、カップヌードル(77g)に換算すると97個分にあたる。全国平均は5.41kgで、70個分。我が家ではその半分くらいかな?

新橋界隈を歩いているとあちこちにラーメン屋があります。よどみに浮かぶ泡のように、開店しては消え、開店しては消え。新橋の西側(SLがある方の側)では、ちょっと駅から歩きますが、「月と鼈(すっぽん)」というつけ麺屋さんにはいつも行列ができています。ラーメンなんて並んで食べるものでもないだろうと思いながらその行列の横をいつも通り過ぎています。お昼の時間帯を外せば、並ばずに食べられます。新橋で美味しいラーメンを食べたいという方は一度お試しになるのも良いかもしれません。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す