恋愛成就のメールテクニック
RSS

1年で一番日暮れが早い日、冬至ではなかった。

1年で一番日暮れが早い日が、12月21日頃の冬至の日とおもっている人が多い。
実は、違う。

12月の5日から10日ぐらいの間の時期が1年で日暮れがもっとも早い。

私の住むさいたま市の場合、12月5日と6日が1年のうちで一番日暮れが早い。
さいたま市の場合、16時28分14秒が日暮れの時間。
この日を境に徐々に日暮れが遅くなっていく。
冬至の12月21日の日暮れは16時32分11秒だ。
よくよく観察していると、冬至の頃には11月下旬の頃の弱弱しい日射しから
かなりしっかりした日射しに代わっている。

夕暮れと日の出の時刻は、地域によって異なることは、緯度の関係で容易に想像がつくが、
1年で一番日暮れが早い日と日の出の遅い日も場所によって異なっている。
札幌は、12月9日、東京は12月5日、大阪も12月5日、福岡は12月4日。
南にいくほど日暮れの時間は遅くな。福岡の日の入りは、17時10分31秒であるから
関東と九州では日没に40分程度の時差がある。
年によっても、多少のずれがある。
2010年ではさいたま市で日暮れが最も早い日は12月5日の16時28分14秒が最も早い。
よく6日になると1秒遅くなる。

冬至というのは昼間がもっとも短い日。
12月5日を過ぎて日暮れが遅くなっても、同じように朝明ける時間が遅くなっている。
地球は丸く自転しているから、日暮れが遅くなれば、
対照的に日の出は早くなりそうであるが、事実はそうでない。
さいたま市の場合、日の出が一番遅いのはお正月気分が終わる頃、1月6日と7日の朝。
朝6時51分48秒が日の出の時刻である。

日の出が一番早い日も地域によって異なる。
札幌は、1月3日と4日が一番遅い日の出。
東京は1月7日、大阪1月7日と8日、福岡1月8日。
福岡のもっとも遅いこの日の日の出は朝7時23分12秒。
関東より30分ぐらい遅い日の出となっている。

その地域の日の出・日の入りの時刻を調べるには
以下のサイトが役に立つ。
http://keisan.casio.jp/has10/SpecExec.cgi?id=system/2006/1236677229
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す