恋愛成就のメールテクニック
RSS

イグノーベル平和賞

この文章を書き終わって、休んでいる間にネットのニュースにも同じように平和賞が取り上げられてしまった。せっかく書いたので、アップしておきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

今年も「人々を笑わせ、そして考えさせてくれる研究」イグノーベル賞が発表されました。日本からは二チームが受賞していますが、平和賞が秀逸です。受賞者はベラルーシのアレクサンドル・ルカシェンコ大統領と警察官など。
まず、ベラルーシってどこにあったかなと思いました。メキシコの上の方かな?と思ったら、そこはベリーズという国でした。
ベラルーシは、バルト三国の下、つまり南にある国でした。バルト三国と言ってもすぐにピント来る方は少ないと思います。地図ではフィンランドの下にある国ね。イタリアの車屋さんの名前で“フェラーリ”って覚えると覚え易いそうです。フィンランド、エストニア、ラトビア、リトアニアの頭文字を取るとなんとなくフェラーリ。後ろの三ヶ国がソ連から独立しバルト三国と呼ばれている。
ベラルーシ of_Belarus_and_neighboring_countries

さて、話をイグノーベル平和賞に戻すと、受賞理由は、公共の場での拍手を違法とし、片手しかない男をその罪で逮捕するほどに厳しく取り締まりをを行ったことからです。ハバード大学で受賞理由を発表した時には会場は笑いに包まれ、しかし、すぐに鎮まり変えてしまったようです。こういうのが、まさに、イグノーベル賞のねらったところ。

ベラルーシでは2年前に、反体制派が政府に対する抗議集会を複数の都市で開催しています。公共の場で拍手をすることは禁止されている。警察が多くの抗議活動者を拍手をしたという理由で逮捕しています。2011年7月にベラルーシの裁判所は、首都ミンスク市で拍手をしたかどで片手の男を有罪とし、罰金刑を言い渡しています。ロシア国際通信社「RIAノーボスチ」によると、片手の男が拍手してるところを見たという目撃者が居て、裁判で証言しています。どういう風に拍手をしたのか詳細いついては触れていません。

その他、生物学賞および天文学賞はスウェーデン、オーストラリア、ドイツ、イギリスの合同研究チームに贈られています。受賞理由は、道に迷ったフンコロガシが天の川を道しるべにもと来た道に戻るのを発見したことに対して。

オスカー・ワイルドの戯曲『ウィンダミア卿夫人の扇』に出てくる一節にこんなセリフ↓があるそうです。

「We are all in the gutter, but some of us are looking at the stars.
 (オレ達はみんなドブの中にいる。でもそこから星を眺めている奴らだっているんだ)」
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
▼このエントリーにコメントを残す